東京オリンピック・パラリンピックに向けて 受動喫煙防止法を実現する議員連盟

活動方針

  • HOME »
  • 活動方針

活 動 方 針

  1. 本議連成立後3年以内に、屋内の公共的空間の禁煙もしくは完全分煙を義務化する、強制力を持った受動喫煙防止法の制定を目指す。
  2. そのために、WHO(世界保健機関)、FCTC事務局(たばこ規制枠組条約事務局)をはじめとする関係国際機関、厚生労働省をはじめとする関係省庁、東京都をはじめとする地方自治体と意見交換を行う。
  3. そうした情報をふまえ、衆・参法制局の協力のもと法案を作成し、各党の合意を得たうえで、議員立法として成立を期す。
  4. 法律の周知を図り、スモークフリーオリンピック・パラリンピックを実現し、東京大会のへスルレガシーを目指す。
PAGETOP